2009年1月例会報告

今年最初の例会が1月24日(土)13時半から、岡山大学総合研究棟2階演習室で行われました。森俊弘さんが「金川松田氏の系譜と事跡―通史的言説の形成過程とその元像―」と題して報告されました。多くの方が参加して下さいました。ありがとうございました。

P1010206

(報告概要)森さんの報告は、備前国金川城を本拠地としていた金川松田氏の系譜や事跡について、近世期に作成された資料と同時代資料との組み合わせながら考察を加えたものでした。

使用された資料は多岐にわたっていて、まとめてご紹介できないほどの数でしたが、縁起なども含めてとても興味深いものでした。しかし、参加者からも質問が出たように、松田氏当主と各史料に出てくる人物をどのように特定していくかが、やはり課題として残ったように思います。

また、宗教勢力と松田氏との関係についても、どの時点でどのような目的で松田氏がそのような指向を持ったのか、その後の岡山県地域にどのような影響を与えていったのかも議論がありました。

P1010210

森さんも言われていたように、基礎的な事実関係をしっかりと押さえていくような地道な研究がまだまだ必要ですし、今回のような提案を元にいろいろな角度から検証を加えていくことはとても有意義な取り組みだと思いました。

次回は、2月15日を予定しています。詳しくは、掲示板・メールをご覧下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。