2010年3月例会報告

今回は、大阪大学大学院の森脇崇文さんが、「宇喜多氏分限帳の一考察」と題して報告してくださいました。

複数のテクストが今に伝わる「宇喜多氏分限帳」について、精緻な分析と考察によって、本史料の可能性を確かなものとする内容でした。参加者からは、緻密な考察に対しての高い評価が寄せられていました。また、具体的な支配の実態はどのように考えたら良いのか、家臣団構造の見通しはどうかなど、建設的な話し合いを行うことができました。

森脇さん、貴重なお話をありがとうございました。

次回は、4月17日(土)13:30~です。詳細は、掲示板に載せておりますので、そちらを御覧下さい。

P1000349
P1000350

※まだ、会費をお支払いいただけていない方は、ぜひ納入くださいますようお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。