2012年5月例会

本日、5月例会を行いました。報告者は、森元純一さんで、「近世後期における家相の位置づけをめぐって~大國家文書の世界~」という内容でした。

平成21年からはじまった資料調査の成果の一部を、今回はお話ししていただいたのですが、19世紀の大國家(当時は大森家)の心性にせまる興味深い話でした。

Dscn1851

段ボール箱150箱を超える資料群であり、これから資料調査が進む中で、さらに豊かな近世の人々の生活に迫ることができるのではないかと、個人的には期待をしました。

Dscn1852

なお、今回の報告内容も含めて、『岡山地方史研究』127号(今年発刊予定)で文章が掲載される予定ですので、そちらをお待ちください。

次回は、下記の要領で行いますので、ふるってご参加ください。
日時:2012年6月17日(日) 13:30~
場所:岡山県立記録資料館
講演:佐藤大介(東北大学・災害科学国際研究所)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。