2019年11月例会報告

11月例会報告

 

1116日(土)、11月例会を行いました(参加者:8名)。小野功裕さんが「総力戦体制下の軍隊と地方行政―岡山県を事例に―」と題して報告をしてくださいました。

小野さんは軍隊と地域との関係や総力戦体制にかんする先行研究をふまえつつ、日中戦争時の岡山県を題材として、兵事行政における県と軍隊との関係やその変化について検討されました。

 報告では、村に残された行政文書を用いて、県単位での兵事行政の展開過程が追究され、徐々に軍隊が銃後社会と直接向き合うようになり、県と軍隊とが連携した体制が構築されていく様相が明らかにされました。

 討論では、兵事行政における体制の変化が地域や住民に与えた影響、軍部や中央省庁と県政との関係、制度の見取り図を示す必要性などが議論されるとともに、研究史上でもあまり類例のない重要な研究である点が指摘されました。

 報告していただいた小野さん、ありがとうございました。(東野)

  

次回以降の例会は下記の予定で行います。ふるってご参加ください。

 〇12月例会

 日時:12月21日(土) 13時開始 ※通常より30分早い開始となります。

 場所:岡山大学社会文化科学研究科総合研究棟2階演習室(5)

報告者:東野将伸さん

題目:「―近代移行期における豪農の広域金融 ―播磨国・備前国における動向を事例に―」

 

〇総会並びに忘年会

 12月例会終了後,引き続き同じ会場にて総会を行います。

〇忘年会

時間:1221() 18時開始

場所:鳥好野田屋町支店(岡山市北区野田屋町1-5-24

費用:4,000円(飲み放題)

参加ご希望の方は,お手数ですが1215()までに,下記の連絡先までご一報ください。

 

Kosuke.051.o.1011(あっと)gmail.com

 

どうぞよろしくお願い申し上げます。

 

 

岡山地方史研究会

小野 功裕

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。